SkyDrive for Windows 最新情報

米Microsoft Corporationは2012年7月12日に運営するオンラインストレージサービス“SkyDrive”のWindows 向け公式クライアント「SkyDrive for Windows」の最新版v2012(Build 16.4.6003.0710 – Beta)を公開&配布をした。

エクスプローラーから通常の操作でSkyDrive上のファイルが扱える。

SkyDrive for Windows

特徴

  1. バックグラウンドで自動的にアップデート
  2. パソコン上のローカル・フォルダとSykDriveのファイルを自動同期
  3. タスクトレイに常駐するアイコンから動作状況を確認できる
  4. エクスプローラーでの通常操作が可能
  5. 当ソフトでは扱えファイルサイズ制限が100MBから無制限になった?
    注)テストで確認中

SkyDrive for Windows

動作環境

  1. Windows Vista/Server 2008/7/8および同64bit版

その他

  1. フリーソフトで、“SkyDrive”のWebサイトからダウンロード
    https://apps.live.com/skydrive
  2. WEBブラウザでSkyDrive上にファイルをアップロードするサイズには100MB制限があったが、同ソフト SkyDrive for Windows を使うとファイルサイズは無制限になるみたいです。
    ※テストでは500MBファイルのアップロードが可能だった。

注意点

  1. オンラインストレージサービス“SkyDrive”上にすでにファイルが存在する場合はパソコン上に指定したSkyDrive用のフォルダに自動的にダウンロードされる。よってローカルのドライブにその分のディスク容量が必要になる。
  2. インストールはデフォルトでWindowsインストールドライブのCドライブがSkyDriveとの同期フォルダになる。
    デフォルトではなく、Cドライブ以外にするのが望ましい。インストール時に変更は可能だが、インストール後に変更は可能です。
  3. ファイル名に次の文字は半角、全角共に使えません。
    \/:*?"<>|