KDiff3 の使い方 / ディレクトリ比較とマージ ※作業中

TOP > 開発 > KDiff3 > ディレクトリの比較とマージ


  1. 概要 (必読)
  2. ダウンロード
  3. 日本語修正版のダウンロード
  4. インストール
  5. 日本語化
  6. KDiff3 の日本語メニュー
  7. KDiff3 の使い方
    1. テキスト比較
    2. テキストのマージ
    3. ディレクトリ比較     ※このページ
    4. ディレクトリ比較でのマージ
    5. 便利な機能

 

KDiff3 の「ディレクトリ比較とマージ」とは、「テキストの比較とマージ」を含む拡張機能です。

 

KDiff 0.9.98

 

KDiff 0.9.97

  

特徴

  • 2つ又は3つの複数ディレクトリ内のファイルを比較し、指定のファイルを抽出
  • そのディレクトリ内のファイルをテキスト比較し、マージ処理が可能

 


▼ 1. KDiff3 を起動する。

KDiff3 の使い方 / テキストのマージ

 

▼ 2. ディレクトリ比較するディレクトリを指定する。

マージするファイル「File… 」(ファイル…) を2つ指定し、

  • 1つ目のフォルダ (Test-1.rc) : A
  • 2つ目のフォルダ (Test-2.rc) : B
  • 3つ目のフォルダ (Test-3.rc) : C
  • Merge チェックオン
  • 4つ目のフォルダ (Test-3.rc)
  • Open  (開く) ボタンをクリック

 

  

  

紹介例 基本

  1. 各ディレクトリのファイルを比較・確認して移動のみ行う
    1. 1ファイル単位、指定フォルダ単位
    2. 一括で実行する

 

紹介例 : ディレクトリ操作

  • 1行単位で実行 : F6
    1. 「操作」メニューの操作
    2. 「現在の項目について操作を実行 (F6) 」
    3. 「状態」の確認
    4. 出力先フォルダの確認
    5. 全ての行に対して上記の操作を繰り返す
  • 一括で実行 : F7
    ※一括でディレクトリ下の「操作」設定内容を実行する
    1. 全ての行に対して「操作」メニューの操作
    2. 「ディレクトリマージの開始/続行 (F7) 」
    3. 「状態」の確認
    4. 出力先フォルダの確認
  • 備考
    1. 「状態:Done」行がある時はF6,F7を実行してもその行の実行は無視される
    2. もう一度「操作」列で別のメニューを選ぶと「状態:Done」は消える

 

紹介例 : ディレクトリ操作でのファイル比較

紹介例 : ディレクトリ操作でのファイルマージ

紹介例 : A,B,C 個別指定の操作

  • A,B,C 指定の基本操作の説明
  • 「明示的に選択したファイルを比較」をした場合
    ※「状態」には影響しない
  • 「明示的に選択したファイルをマージ」をした場合
    ※「状態」には影響しない

  

  

  

  

  

備考

  1. メニュー項目でオン状態のチェックマークが付かないのが少し不満。改善を希望したい。

  

補足

  • マージ先で「やり直し (Ctrl + Z) 」機能が無い。
    特に手入力した部分のやり直し(取り消し)が出来ない。
    その時は、マージ操作を行うことで前の内容がキャンセルされる。
  • マージ行以外も手修正できるが、これは完全に元に戻せない。
    A , B , C ペインからコピーしてくるかの操作が必要になる。

   


テキストのマージ ディレクトリ比較でのマージ ※次は作業中