Windows でOneDriveの“カメラ バックアップ”機能の有効化で15GBを追加する方法

「2014年9月末日までに米 Microsoft Corporation が運営するオンラインストレージサービス“OneDrive”の“カメラ バックアップ”機能を有効化することで15GBの追加される」

と言う記事が出ています。

Windows上でも出来ると書かれているが、やり方がスマホとは異なるので、実際にやってみました。

前提条件

  • OS : 出来るのは Windows 8 又は 8.1

  

Windows 7 では出来ませんでした。

施行錯誤しましたが、無理でしたね。ダメです。

 

やり方(手順)

  

  1. Windows 8 (8.1) でログイン
     
  2. カメラ・アプリを起動する
    Windows でOneDriveの“カメラ バックアップ”機能の有効化で15GBを追加する方法
     
  3. 許可」をマウスでクリックする
    Windows でOneDriveの“カメラ バックアップ”機能の有効化で15GBを追加する方法
     
  4. WebブラウザでOneDriveを開く。
    開いたら、設定 -> オプション を選択する。
    Windows でOneDriveの“カメラ バックアップ”機能の有効化で15GBを追加する方法 
    Windows のカメラ・アプリの設定はこれで完了。
    保存等のボタンは無いので、画面を閉じる。
      
  5. OneDriveのディスク容量がWebブラウザで表示する。
    以下は上記の「カメラ・操作」をする前の状態
    注意:以下はSkyDrive初期アカウント時のプラス10GBの25GBになっている。
    Windows でOneDriveの“カメラ バックアップ”機能の有効化で15GBを追加する方法
      
  6. 以下は「カメラ・操作」をした後の状態
    OneDriveのディスク容量で「カメラロールのボーナス 15GB」が合計40GB となる。
    注意:以下はSkyDrive初期アカウント時のプラス10GBの25GBになっている。
    Windows でOneDriveの“カメラ バックアップ”機能の有効化で15GBを追加する方法

 

くどいが、上記はOneDriveバージョン前のSkyDriveバージョンの初期アカウントの為に、「ロイヤリティ ボーナス 15GB」がプラスされている。

今のOneDriveには追加されてないので、無料の合計は15GBとなる。

 

 

Windows 7 しか持ってなくても出来る?

  

今回の結果を見るとWindows 7 しか持っていない人でも、周囲にWindows 8.0 (8.1) が有れば出来ると思われる。

  

理由:

  1. Windows 8.0 (8.1) の複数アカウント登録機能を使って、自分のアカウントで追加アカウントを作ってもらう。
      
  2. そのアカウントでカメラ・アプリの設定を許可すれば、自分のOneDriveの“カメラ バックアップ”機能の有効化ができるので15GBを追加を実現できる

  

問題点:

  1. Windows 8.0 (8.1) 環境が必要
      
  2. Windows 8.0 (8.1) で自分のアカウントを作った時にOneDrive側でどのような記録が残るのかが不明
      
  3. 自分のOneDriveアカウントがそのWindows 8.0 (8.1) に登録されてしまう
    ※終わったら削除すればイイのかなぁ???
      

まあ、ヤってみないと分かりませんが。

すでに15GBの追加が出来たので、確認する必要は無いですね。