Comodo Programs Manager for Windows 10

Windows 10 にインストール出来ない?

Comodo Programs Manager の評判をネットで聞いて、Windows 10 にインストールしようとしたら

COMODO Programs Manager 1.3 Setup cannot continue because Windows Version is not compatible
COMODO Programs Manager 1.3
Setup cannot continue because Windows Version is not compatible
Windowsのバージョンに互換性がないため、セットアップを続行できません。

エラーとも何とも言えないメッセージが出てインストール出来ません。 でもね。このソフトを公開している本サイトには以下の記述が有ります。

Comodo Programs Manager
System Requirements  Supported Operating Systems:
Windows XP/Vista/7/8/10/Server 2003/Server 2008 – 32 bit and 64 bit
システム要求
サポートされているオペレーティングシステム:
WindowsのXP/Vista/7/8/10/Server 2003/Server2008 – 32ビットおよび64ビット

Windows 8 も Windows 10 もサポートしてる、てな感じで書かれています。本家の公開サイトに書かれているのにインストール出来ないはずが無い! と思ったのですが、エラーで出来ないものは出来ない。 ならば、出来る方法が有るはず。と、言う事で試してみました。 ヒントは Privatefirewall と言うファイアーウォール・ソフトに有りました。このソフトもWindows 10の前にできたソフトですが「Windows 10で動作しない場合の対処方法」が書かれています。それと同じ方法を使いました。

  

  

Windows 10 にインストールする方法

ダウンロードからインストール、そして日本語化、OSの再起動までを手抜きで説明します。

  1. Comodo Programs Manager バージョン 1.3.2.30 を本家サイトからダウンロードします。
    URL :https://www.comodo.com/home/support-maintenance/programs-manager.php
    ファイル名:CPM_SETUP_1_3_2_30_xp_vista_server2003_win7.exe
    サイズ:10.7MB
    Comodo Programs Manager をWindows 10にインストール
      
  2. 日本語化ファイルもダウンロードします。
    サイト:フリーソフト日本語化 – 音楽とパソコンの小部屋
    ファイル名:COMODO Programs Manager-JP.zip
    サイズ:11.9KB
    ダウンロードしたZIPファイルから、「CPMLANG_JP.dll」を取り出して置きます。
    Comodo Programs Manager をWindows 10にインストール
        
  3. Comodo Programs Manager バージョン 1.3.2.30 のインストールファイル「CPM_SETUP_1_3_2_30_xp_vista_server2003_win7.exe」のプロパティをエクスプローラから表示します。そして「互換性」タブの互換モードを「Windows 7」にして「OK」ボタンをクリックします。これでWindows 10上でもインストールが可能になります。
    Comodo Programs Manager をWindows 10にインストール
      
  4. 注意:この後でComodo Programs Manager をインストールしますが、最後の「Finish」では「Reboot now」チェックを外す操作をします。注意して下さい。先に書いておきます。外すのを忘れてOSの再起動をしてしまっても後からでも出来ますからご安心ください。
    Comodo Programs Manager をWindows 10にインストール
        
  5. 「CPM_SETUP_1_3_2_30_xp_vista_server2003_win7.exe」でComodo Programs Manager を最後のFinishまでインストールします。が、Finishは上記4の注意通りの操作をします。最後以外はデフォルトでOKなのでインストール画面は 省略。
    間違ってOSの再起動をしてしまっても、この後の説明通りに操作して下さい。
      
  6. 日本語化ファイル「CPMLANG_JP.dll」を
    C:¥Program Files¥COMODO¥COMODO Programs Manager¥Lang¥
    フォルダにコピーします。これで日本語化する準備が出来ました。
      
  7. Comodo Programs Manager のインストールフォルダ
    C:¥Program Files¥COMODO¥COMODO Programs Manager¥
    を開いたら次の2つのファイルをインストールファイルと同様に互換モードを「Windows 7」にします。
    Comodo Programs Manager をWindows 10にインストール
    • CPM.exe :画面操作のアプリ
    • CPMservice.exe :サービスで動作するアプリ
      コレもWindows 7 互換モードにしないとサービスとして動作しませんでした。
        
  8. OSの再起動をします。
      
  9. Comodo Programs Manager を起動します。
    Comodo Programs Manager をWindows 10にインストール
      
  10. 画面右上の「Settings」ボタンをクリックします。
    Comodo Programs Manager をWindows 10にインストール
     
  11. 「Change Language」から「Japanese」を選択し、「Apply」ボタンをクリックします。
    Comodo Programs Manager をWindows 10にインストール
      
  12. 以下の様に日本語表示に変わりました。
    Comodo Programs Manager をWindows 10にインストール
      
  13. 最後にタスクマネージャーを起動して、インストールした「CPMService」サービスが「実行中」で有ることを確認します。
    Comodo Programs Manager をWindows 10にインストール

 

  

以上で完了です。

 

備考

  1. Windows 10にインストールしたばかりなので、実際の動作確認はこれからです。 時間が出来たら、使い方等も書いて行きたいと思っています。(予定
  2. 「Maker Installer」ボタンでインストーラーの再作成が出来ると言う事で使い始めましたが、Privatefirewall ファイアーウォール・ソフトの再インストール化は拒否されました。「カーネルに・・・・」と言うメッセージで出来ないと表示されました。(涙
  3. Windows 8 / 8.1 も未確認ですが同様なやり方でインストールが出来ると思っています。
  4. 日本語化ファイル「CPMLANG_JP.dll」は Resource Hacker 4.2.5 を使えば自分で日本語の修正&作成も出来るみたいですが。どこで「Japanese」判断を入れているのかが不明です。

 

  

  

< TOPへ >