DCP-535CNの読み込みドライバーは3種類

TOP > ハードウェア > DCP-535CN


Brother(ブラザー)インクジェット複合機「DCP-535CN」でドライバーをインストールすると3種類のドライバーがインストールされます。

DCP-535CNの読み込みドライバーは3種類

 

上記は別のスキャナのドライバーも表示されていますが、DCP-535CNと付いている名前がDCP-535CN専用のスキャナドライバーです。

これに関する情報は見つけられなかったので、実際に動作させて確認を取りました。

 

▼① 「TW-Broter DCP-535CN

TWIN対応のドライバーです。

これを選択するとスキャン時に以下の画面が表示されます。

ここで「スキャン開始(S)」ボタンをクリックするとスキャンが開始されます。

DCP-535CNの読み込みドライバーは3種類

 
ADF(自動給紙装置)に紙がセットされているとそちらの方を自動的に読み込んでくれます。

ADF(自動給紙装置)に紙が無い時はフラッドヘッドの方をスキャンしてくれます。

読み込み方法も詳細に設定出来まるのは魅力的です。

ADFを使った読み込みには最適な画面です。

 

一部のテスト結果(グレー)では「WIA-Brother DCP-535CN」ドライバーより綺麗にスキャン出来るみたいです。

設定した内容は次回起動時も同じ内容で設定保存されているので連続操作に配慮した内容になっていると感じました。

 

▼② 「WIA-Broter DCP-535CN

TWINに変わる新しいデータ転送方式WIN対応のドライバーです。

実にシンプルな画面ですが、実際に使ってみると操作性はイマイチです。

DCP-535CNの読み込みドライバーは3種類

 

使ってみた結果ですが、この画面が表示される度に上記のデフォルト設定に戻ります。

連続操作には不向きです。

スキャンした結果も文字が少しかすれた感じです。

コントラストや明るさの調整をしてみましたが、改善は出来ませんでした。

はっきり言って、このWIN対応ドライバーは不良品です。

使用しない事をお勧めします。

 

▼③ 「[WIA]-Broter DCP-535CN

「読んde!!ココ」の機能である「AI SmartScan」とWIN方式を合体させる事が出来るドライバーみたいです。

但し、「読んde!!ココ」の「スキャナの選択」画面で「[AI SmartScan パネル]を利用する」をチェックしないと表示されません。

以下の画面ではADFを使うようにして動作確認をしました。

DCP-535CNの読み込みドライバーは3種類

 

しかし、ADFは正常に動作しませんでした。

それ以外の機能は試してからココを更新させて頂きます。

非推奨ドライバーです。

「一定時間待って取り込み」は未確認ですが、「読んde!!ココ」の上記画面「AI SmartScan」が持っている優れた機能です。

※「一定時間待って取り込み」機能は別のスキャナで動作確認済み。

※ ここでの説明はBrother(ブラザー)のMyMIOシリーズ(MFC-930CDN/CDWN,MFC-490CD,DCP-535CD)のADF機能について言える事ではないかと推測しています。

  

6月 26th, 2009




ブログパーツ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA