KDiff3 の使い方 / テキスト比較

TOP > 開発 > KDiff3 > テキスト比較


  1. 概要 (必読)
  2. ダウンロード
  3. 日本語修正版のダウンロード
  4. インストール
  5. 日本語化
  6. KDiff3 の日本語メニュー
  7. KDiff3 の使い方
    1. テキスト比較   ※このページ
    2. テキストのマージ
    3. ディレクトリ比較
    4. ディレクトリ比較でのマージ
    5. 便利な機能

  

KDiff3 のテキスト比較の基本的な使い方です。

特徴

  • 異なる行と文字が色分けで表示される
  • メニュー操作よりショートカットキーを使ったほうが使いやすい
  • 動作は軽くて軽快

補足

  • テキスト・エディタ みたいな直接修正&貼り付けはできない。
  • テキスト表示上のテキストのコピーは可能。

 


1. KDiff3 を起動する。

KDiff3 の使い方 / テキスト比較

 

2. 比較するファイルを指定する。

比較するファイルFile… 」(ファイル…) を2つ指定して「 Open 」 (開く) ボタンをクリック。

  • 1つ目のファイル (Test-1.rc) : A
  • 2つ目のファイル (Test-2.rc) : B

2つは A , B と名前が付けられる。

KDiff3 の使い方 / テキスト比較

 

3. 初期画面は異なる行が有る時、自動的にその行の部分に移動して表示される。

この時は1行目からは表示されない。

  • A ペイン (Test-1.rc) : 左 のペイン
  • B ペイン (Test-2.rc) : 右 のペイン

KDiff3 の使い方 / テキスト比較

 

4. 表示の切り替え(ペインの縦並び / 横並び)が出来る

メニューの 「 Windows 」(ウインドウ) -> 「 Toggle Split Oriantation 」(分割方向の切り替え)

ショートカットキーは無い。

KDiff3 の使い方 / テキスト比較

↓ 切り替えた後。 元にも戻せる。

KDiff3 の使い方 / テキスト比較

 

4. 異なる (Delta) 行へ移動する。

テキスト比較で異なる行は色で分かる。

その移動は以下のショートカットで。

  • 下への移動 : Ctrl + [ ↓ (Down) キー]
  • 上への移動 : Ctrl + [ ↑ (Up) キー]

KDiff3 の使い方 / テキスト比較 

  

5. 衝突 (Conflict) した行へ移動する。

「4. 異なる行へ移動する」と同じ動作。

  • 下への移動 : Ctrl + Page Down
  • 上への移動 : Ctrl + Page Up

※ここでは2ファイル比較なので、[違い] と [衝突] は同じ扱いになります。

 

    

5. A ペイン <-> B ペイン 画面のフォーカス移動

  • Ctrl + Tab
  • Alt + [ → (Left) キー]
  • Alt + [ ← (Right) キー]

KDiff3 の使い方 / テキスト比較 

 

6. 最大3ファイルの同時テキスト比較が可能です。

  • 基本操作は2ファイルの時と同様
  • 3ファイル目は「 C 」ペインと表示
  • どの行が同じで、どの行が異なるかは、で判断
    1. A , B , C ペインの3つが : 「衝突」 (Delta) した行
    2. それ以外の色付き : 「異なる」 (Conflict) 行
    3. 色無し : A , B , C ペインとも同じ内容
        

KDiff3 の使い方 / テキスト比較

 

  

※3ファイルの比較は WinMerge の方が見やすいかもしれない。

  • 下に比較箇所の専用画面が表示される。

KDiff3 の使い方 / テキスト比較 (WinMergeの場合)

 

          

備考

  1. Delta : 英語では「差分」。 ※三角という意味も有る。
    KDiff3 のマージでは「異なる」と日本語化されている。

 


KDiff3 の日本語メニュー KDiff3 の使い方 / テキストのマージ ※次は作業中




ブログパーツ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください