カーナビDVDはバックアップ出来ないのか?!(3/6)

TOP > CD,DVD,BD > DCP-535CN


前回の続き。今回はROM化に成功!

前回は、DVDの”ROM化”に失敗した。
しかい、今回は書き込みに”ImgBurn”v2.3.2.0を利用した。
フリーソフトでココからダウンロードできる。
http://fileforum.betanews.com/detail/ImgBurn/1128426215/1
サイズは 1,525 KB。
インストールは日本語未対だが、日本語パッチが出ているのでそれを使用すれば、本体は日本語表示される。

ImgBurnの初期画面

 

なお、ヘルプファイルは英語。

DVDの”ROM化”はメニューから「BookTypeの変更」を選ぶ。

ImgBurnのBookType変更画面前

 

上記の画面が出たら、自分のDVDドライブのメーカー(LG)を選んで、

・変更対象を「DVD+R DL」 注)上記画面の初期値は実際とは異なる
・新しい設定を「DVD-ROM」

として最後に「変更」ボタンを押す。

ImgBurnのBookType変更画面後

 

忘れていたが、用意した二層のDVDは”DVD+R DL”だ。
前回は”DVD-R DL”を使用したが失敗した。
他の掲示板などの情報から見ても、4.5Gバイト以上で”ROM化”するには
”DVD+R DL”を使用すると書いてあった。
今回は”DVD+R DL”を用意した。

最後に「OK」ボタンを押して、他の設定はデフォルトにして、抽出したISOイメージを入力にして書きこんだ。

 

▼ 以下は書きこみ前の”DVD+R DL”の状態

HL-DT-ST DVDRAM GSA-H42N RL01 (ATA)
Current Profile: DVD+R DL

Disc Information:
Status: Empty
Erasable: No
Free Sectors: 4,173,824
Free Space: 8,547,991,552 bytes
Free Time: 927:32:74 (MM:SS:FF)
Supported Write Speeds: 2.4x, 4x

DVD±R DL Boundary Information:
L0 Data Zone Capacity: 2,086,912
Changeable: Yes

Physical Format Information (Last Recorded):
Disc ID: CMC MAG-D01-00
Book Type: DVD+R DL
Part Version: 1
Disc Size: 120mm
Maximum Read Rate: Not Specified
Number of Layers: 2
Track Path: Opposite Track Path (OTP)
Linear Density: 0.293 um/bit
Track Density: 0.74 um/track
First Physical Sector of Data Area: 196,608
Last Physical Sector of Data Area: 16,580,607
Last Physical Sector in Layer 0: 2,283,519

 

▼ 以下が書き込み後の”DVD+R DL”の状態

HL-DT-ST DVDRAM GSA-H42N RL01 (ATA)
Current Profile: DVD+R DL

Disc Information:
Status: Complete
Erasable: No
Sessions: 1
Sectors: 3,190,768
Size: 6,534,692,864 bytes
Time: 709:05:43 (MM:SS:FF)
Supported Write Speeds: 2.4x, 4x

DVD±R DL Boundary Information:
L0 Data Zone Capacity: 1,595,392
Changeable: No

TOC Information:
Session 1…
-> Track 01 (Mode 1, LBA: 0 – 3190767)
-> LeadOut (LBA: 3190768)

Physical Format Information (Last Recorded):
Disc ID: CMC MAG-D01-00
Book Type: DVD-ROM
Part Version: 1
Disc Size: 120mm
Maximum Read Rate: Not Specified
Number of Layers: 2
Track Path: Opposite Track Path (OTP)
Linear Density: 0.293 um/bit
Track Density: 0.74 um/track
First Physical Sector of Data Area: 196,608
Last Physical Sector of Data Area: 16,580,591
Last Physical Sector in Layer 0: 1,791,999

Layer Information:
Layer 0 Sectors: 1,595,392 (50%)
Layer 1 Sectors: 1,595,376 (50%)

 

”ROM化”に成功した!

 
しかし、”Track Path”が”OPT”のままだ。
※PTP(Parallel Track Path):1層目と2層目共に内側から記録される
※OTP(Opposite Track Path):1層目は内側から、2層目は外側から記録される

 

残念だが、ImgBurnにはこの書き込み方式を指定する設定は無い。
正確には見つけられなかった。
書き込み先メディア(DVD+R DL)の方式をそのまま引き継いだのか、OPTしか標準ではドライブがサポートして無いか?
どちらにしたも、3つ目のポイントであった、”Track Path”を”PTP”にする事が出来んかった。

つまり、今回も失敗となるのか?
出来上がったDVD-ROMをカーナビに入れての動作確認はしてない。
カーナビの動作が不完全になり、使用不可になる可能性があるという情報がある。
その為に、この3つ目のポイントである”PTP”化が出来るまではしないつもりだ。

※カーナビが使用不可になったらリセットで最初から自分でカーナビを設定すればいいのだが、そこまでの技術情報はまだ入手して無い。入手出来たらトライしてみたい。

 

▼ 忘れていた。ISOイメージを作った元のDVDの情報を以下に示す。

HL-DT-ST DVDRAM GSA-H42N RL01 (ATA)
Current Profile: DVD-ROM

Disc Information:
Status: Complete
Erasable: No
Sessions: 1
Sectors: 3,307,131
Size: 6,773,004,288 bytes
Time: 734:57:06 (MM:SS:FF)

TOC Information:
Session 1…
-> Track 01 (Mode 1, LBA: 0 – 3307130)
-> LeadOut (LBA: 3307131)

Physical Format Information (Last Recorded):
Book Type: DVD-ROM
Part Version: 1
Disc Size: 120mm
Maximum Read Rate: 10.08Mbps
Number of Layers: 2
Track Path: Parallel Track Path (PTP)
Linear Density: 0.293 um/bit
Track Density: 0.74 um/track
First Physical Sector of Data Area: 196,608
Last Physical Sector of Data Area: 1,610,943
Last Physical Sector in Layer 0: 0

Layer Information:
Layer 0 Sectors: 1,***,*** (**.**%) 注)ここの情報は未公開
Layer 1 Sectors: 1,***,*** (**.**%) 注)ここの情報は未公開

 

戻る次へ