Windows Media Player ver.11 をインストールしました。

ダウンロードファイルは26Mバイト程。

セキュリティや著作権に関するチェックボックスを押さないと次へ進めないのが気になるインストール作業でした。
特に「個人を特定する情報を流さない」部分などを念入りにチェックする。
更に念のために、オプション関連の設定内容を全て確認する。

何のための作業化と言えば、・・・・、何かイヤなんですよね。
どっちにしてもファイアーフォールソフトでインターネットとの情報のやり取りは全て禁止しました。

基本的に納得できない情報の勝手なやり取りは遮断するようにしています。
特に過去に隠しAPIを持っていたソフトウエアメーカーに関しては特にです。

隠しAPIとは:一般に公開してないAPIでそのメーカー内部だけで使っているロジックを言う。