運用例①:既存プログラムのネットワーク接続を遮断(ブロック)

TOP > セキュリティ > ZoneAlarm Free Firewall > 運用例①:既存プログラムのネットワーク接続を遮断(ブロック)

注意事項


1. 運用例①

 

既存のプログラム(アプリケーション)

  • 外部へのインターネット又はLAN等へのネットワーク接続をブロック
      
  • 外部から(インターネット又はLAN等のネットワーク)のプログラムへの接続もブロック
     

します。

ZoneAlarm Free Firewall のプログラム一覧 (View Programs) には既に登録されているという前提で、設定を変更します。

登録されてない時は、一度起動すればいいです。

  

対象プログラム例 : SMPlayer

↑ 例です。ブロックするとアップデートチェックが出来なくなるので、後で元に戻します。

  

2. 設定変更の手順

  

2.1 「プログラムの完全な名称とフルパスの取得」の方法でプログラムの情報を取得します。

  • 完全な名称 (Program) : SMPlayer
      
  • フルパス : C:¥Program Files¥SMPlayer¥smplayer.exe
     

ZoneAlarm Free Firewall / 既存プログラムのネットワーク接続を遮断(ブロック)

  

2.2 プログラム一覧 (View Programs) を開きます。

プログラムが「SMPlayer」の[Programs] の列を探します。

※検索機能は無い。

見やすくするために画面を横に広げます。

ZoneAlarm Free Firewall / 既存プログラムのネットワーク接続を遮断(ブロック)

 

2.3 「外部へのインターネット又はLAN等へのネットワーク接続をブロック」します。

ZoneAlarm Free Firewall / 既存プログラムのネットワーク接続を遮断(ブロック)

インターネットへの接続の「アウトバウンドインターネット(Outbound Internet) 」を拒否(Deny) にします。

ZoneAlarm Free Firewall / 既存プログラムのネットワーク接続を遮断(ブロック)ZoneAlarm Free Firewall / 既存プログラムのネットワーク接続を遮断(ブロック)

同時に インターネットからの接続の「インバウンドインターネット(Inbound Internet)」 も拒否(Deny) に変更されました。

ZoneAlarm Free Firewall / 既存プログラムのネットワーク接続を遮断(ブロック)

次に内部LANへの接続の「アウトバウンドトラステッド(Outbound Trusted)」 を拒否(Deny) にします。

ZoneAlarm Free Firewall / 既存プログラムのネットワーク接続を遮断(ブロック)

ZoneAlarm Free Firewall / 既存プログラムのネットワーク接続を遮断(ブロック)ZoneAlarm Free Firewall / 既存プログラムのネットワーク接続を遮断(ブロック)

同時に 内部ネットからの接続の「インバウンドトラステッド(Inbound Trusted)」 も拒否(Deny) に変更されました。

ZoneAlarm Free Firewall / 既存プログラムのネットワーク接続を遮断(ブロック)

 

2.4 以上でネット接続関連は全てブロック(拒否:Deny) された。

ZoneAlarm Free Firewall / 既存プログラムのネットワーク接続を遮断(ブロック)

 

ZoneAlarm Free Firewall の設定は、起動中のプログラム(アプリケーション)にもすぐに反映されます。

  
 

3. 備考

  

  1. 信頼レベル(Trust Level) はデフォルトの問い合わせ(Ask)です。
    これを変更すると
    • 制限(Restricted) だと警告画面が表示される。
      ZoneAlarm Free Firewall / 既存プログラムのネットワーク接続を遮断(ブロック)
    • ※問い合わせ(Ask) のままだと警告画面は表示されない。
         

    


注意事項

< 戻る >