メディアプレイヤー「Adobe Media Player」は「メディアプレイヤー「Adobe Flash Player」の上位バージョン?

米Adobe Systems Incorporatedは9日、FLV動画に対応するメディアプレイヤー「Adobe Media Player」の正式版v1.0を公開した。現在は英語版のみ。MSへの対抗ソフトと見てもいい。

面白い事はそれだけでは無い。同社がWeb技術をベースに開発したアプリケーション実行環境「Adobe AIR」上で動作するという事だ。「Adobe AIR」は次世代のWEBアプリと言える。Microsoftも「silverlight」を出しているが、現在はベーター版で開発環境には手間がかかる様子に見える。それに対して、「Adobe AIR」を優れている。その開発環境の「Adobe Flex Builder 3」も4月にリリースされた。

今後のMicrosoftの「silverlight」と「Adobe Media Player」は見た目が違うソフトだ
が、目が離せない。

※RIAとは:リッチインターネットアプリケーション