Windows,  ツール・ソフト,  未分類

DemoHelper:デスクトップを拡大+線、矢印を描く

概要

プレゼンテーション、デモンストレーション、教育学習等用にPCのデスクトップ画面を拡大表示します。

  1. 拡大表示しながらアプリケーションの操作ができます。
  2. デスクトップ上に線、矢印線、マーカーが描けます。
  3. ホワイトボードも表示できます。
  4. 拡大率の増減はマウス、キーボードのどちらでも可能です。
  5. 設定は非常にシンプルで日本語表示です。(日本語化の作業有

他のソフト

  1. ZoomIt
    かなりのスグレ物です。当サイトで日本語化パッチも公開しています。
  2. Epic Pen
    完全な日本語対応。使いやすいユーザーインターフェース。無料で使える機能は少しなのが残念です。

DesktopZoom、TouchZoomDesktop、梨ズーム のWindows10上での検証結果は不可でした。

ダウンロード

DemoHelperのダウンロード

上記からDemoHelperの最新バージョンをダウンロードします。インストールは不要です。ダウンロードしたDemoHelper-*.zipファイル中のDemoHelper.exeを取り出し、実行するだけです。

日本語化

DemoHelperは日本語には未対応です。そこで日本語表示に変える日本語化パッチを公開します。

1.日本語化パッチのダウンロード

以下をクリックしてください。

ダウンロード  DemoHelper v2.0.2 日本語化パッチ (リリース1)  (13.1 KB, 作成 2020年8月17日)

2.日本語化パッチの実行

  1. ダウンロードした DemoHelper-202-JpPatch-R1.zip から DemoHelper-202-JpPatch.EXE を取り出します。
  2. DemoHelper.exe を同じフォルダに入れます。
  3. DemoHelper-202-JpPatch.EXE を実行します。
  4. 以下の「正常終了」が表示されたら完了です。
DemoHelper – 日本語化パッチの実行

「CRCエラー」等が表示されたら、途中の手順が間違っているか、バージョンが異なる可能性が有ります。再確認して、また最初からやり直してください。

DemoHelper – 日本語化パッチの実行後

今後は日本語化したDemoHelper.exeを使います。

使い方

1.DemoHelperの起動と終了

起動は日本語化した DemoHelper.exe を実行します。

終了はタスクトレイにあるDemoHelperアイコンをクリックし、メニューから「Exit:終了」を選択します。

DemoHelper – 終了

2.操作キーと機能

DemoHelperで使えるホットキー(予約した起動キー)や操作キーの一覧です。以下は PDF でダウンロードもできます。

DemoHelper – 操作キー

3つの操作モードが存在します。

  1. Zoom(ズーム)モード:
    拡大表示に特化。アプリケーションの操作は出来ません。
  2. LiveZoom(ライブズーム)モード:
    拡大表示しながら、アプリケーションの操作もできます。
    ※拡大の増減、表示位置、表示内容に一部問題が有ります。使用は非推奨。
  3. Draw(ドロー)モード:
    線、矢印、マーカーを描きます。操作性はかなりイイです。

各モードに移動するホットキーは設定で変更する事ができます。

設定

タスクトレイにあるDemoHelperアイコンをクリックし、メニューから「設定」を選択します。

DemoHelper – 設定

以下の「設定」画面が表示されます。

DemoHelper – 設定

画面キャプチャー等のソフトを同時使用するとホットキーが重複する場合が有ります。その場合はココで変更できます。

  • Zoomモード:
    Zoomモードに切り替えるホットキーを指定します。
    ボックスにマウスポインターを置いて、キーボード操作をすると入力されます。
  • Live Zoomモード:
    Live Zoomモードに切り替えるホットキーを指定します。
    ボックスにマウスポインターを置いて、キーボード操作をすると入力されます。
  • Drawモード:
    Drawモードに切り替えるホットキーを指定します。
    ボックスにマウスポインターを置いて、キーボード操作をすると入力されます。
  • 指定時間後に線を削除:
    時間(秒)を指定すると、Drawモードで線を描いても、その時間が来ると透けるように消えてしまいます。一時的な線、消す手間が省きたい場合に便利です。
DemoHelper – 指定時間後に線を削除「2秒」
  • キー操作の表示:
    キーボードの名前をデスクトップ右下に表示します。
    例:下の画面上の「F1」、「F2」
  • マウス操作の表示:
    マウスの操作をデスクトップ右下に表示します。
    例:下の画面上の「Left click」
  • マウス操作の視覚化:
    マウスポインター周囲にマウスクリック時のアニメーションを表示します。
    例:下の画面

説明

ホットキー以外のキー一覧の説明を表示します。タスクトレイにあるDemoHelperアイコンをクリックし、メニューから「Help:説明」を選択します。

DemoHelper – Help
DemoHelper – Help:説明

注意:LiveZoomモードの「Win+Shift+マウスホイール」操作はWindows10で動作確認できませんでした。(DemoHelper v2.0.2

サンプル

Drawモードで描いた 曲線、直線、矢印、マーカーです。全てマウス操作で出来ます。以下はホワイトボード上に描きました。





Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください